ぬくとい一日。

こんにちは。
最近は農作業もなく、冬の東白川を楽しんでいる。
今年は冷え込むのが例年よりも早いらしく、おとといついに本気の雪が降った。
でも雪が降ると逆に暖かい。
この間、飛騨の奥の奥にある平湯温泉に行った時は途中から豪雪になってきてしまい、途中で断念!残念!
今度はチェーンを持って再挑戦しよう。
帰り道、軽がすってんころりんと横転していた。乗っていたおじいちゃんに怪我がなくてよかった。
昼間にあったかくても夕方になると急速に凍ってツルツルになる。運転もちょっと緊張する。

先日すごい近所に友達が引っ越してきた。最近は東白川が人気で他のファミリーも
引っ越し予定を立てている。近くに友達がいることは嬉しいことだ。やれることも拡がるしね。
早速引っ越してきたばかりの友を連れて近所のおんぽいの湯へ行った。
この温泉はとろ〜っとした泉質で、肌がツルツルになる。
やってみたかった雪見風呂ができて大満足だ。
雪が降ると山の見え方が違って、一層美しく見える。

その夜は近所の工場で新鮮な鹿肉をご馳走になった。
なんでも猪の罠に雄鹿がかかったそうで、猟師のおっちゃんが鉄砲で打って捌いたらしい。なんてワイルドな。
仕込み大変だったろうな。
ここら辺はつい40年くらい前まで、車が通れるような広い道路が通っていなく、男たちは冬には薪を、春には肥料を、秋には米俵を担いで運んでいたのだそう。そりゃ強くなるよな!
80歳のおじいだって現役バリバリ。若い衆に劣らず、いやそれ以上に仕事をこなすかっこよさ。

話は戻って、昨日仕事納めの工場で薪ストーブを囲んで野生の鹿肉を食べた。
みんなの笑顔が暖かくて優しくて、心も身体もぬくぬくした、ぬくとい1日となった。

しかし野生の肉はパワーがすごいな!
今日1日食欲のすごいこと。エネルギーがみなぎっている。
自然の恵みをありがたくいただいた。
[PR]

by yellowtara | 2013-12-22 14:16 | Taraの日々