It's All In The Mind

最初は長いと思われたアシュラム生活もあっと言う間にすぎて、リシケシは今日が最後の日。

今日はリキシャワラがストライキをやっていて、マーケットまで買い物に行けず。最後まで読めないのがインドの面白いところ。
予定を変更してラムジュラとラキシマンジュラを一周し最後のガンガと雰囲気を目に心に焼き付けた。

50日近く、アシュラムの同じ味付けのターリを食べ続けて思ったことは、食べる人、時期、精神状態によって、食べ物の味が違うということ。
前に200時間を受けた時はアシュラム食が味気なく感じられて退屈で、よく外に食べにいっていた。でも今回は飽きるどころか美味しくて、外に住んでる今でも食べにいってるくらい好き。
私は味が前より濃くなったと感じ、友達は薄味になったという。
3週間飽きずに食べ続けてたけど、一回外で食べてからは美味しく感じなくなった人もいた。
同じ場所で取れた(アーナンダプラカッシュ・アシュラムは野菜のほとんどがアシュラムのオーガニックファームからくる取れたて野菜)、同じコックさんの味付けだからこそわかる、自分の内的変化。そう考えると、素食を続ければ、身体とマインドの健康状態を知るバロメータになるだろうな~。

All In The Mind
今回のインドのキーワード的な言葉。頭とハートに浸透し、実感した。すべては心次第。同じことを体験しても体験者でその現実は違うということ。
周りの現実を変えるより自分の心を変える方が、簡単で早い。その具体的メソッドがラージャヨガのヤマ・ニヤマの実践だったり、ハタヨーガなわけだ。

自分を観察して、心の動きを捉える、けれど、巻き込まれないでいることが大切だな~。
[PR]

by yellowtara | 2012-12-20 20:06 | 思ったこと