夏のできごといろいろ ケンチェ・リンポチェ

b0192179_17133671.jpg




今年の夏はとてもバラエティーに富んだ素敵な体験をたくさんした
たくさんの素敵な人たちにであった。

インドのBirから来てくれたゾンカール・ケンツェ・リンポチェ。
彼の今回の教えは、「先入観への解毒法」

最近、あまり修行してなかったせいで、大切なことからすこし遠のいていた
私を、ぐっとセンターへ戻してくれた
学び続けることはとても大切で、とまればほんとうにとまってしまうんだ
智慧が先入観の壁をなくす

私たちは誰も虹を箱の中にいれようとしない
それは、虹が何かしっているから。虹が何か知っている、
という知恵があれば、新しい動機は産まれない

夢の中で毒を飲まなければいけないとする
夢と知っていれば、毒を飲むことができる

智慧をもって、先入観のない開けた視界で世界を見渡せたら
どんなふうに世界は映るのだろう

死ぬときにどういう気持ちであったらいいのかという質問にリンポチェは
優しさ、慈悲、菩提心を心に持つこと、その思いで死ねば
次の身体に入ったとき、その思いを結びつけることができる
とおっしゃっていました

ほんとうにその通りだなぁ。いつ死ぬかわからないこの時代だから
いつでもその思いを心に持ってないとなぁ

心の囚われがなくなれば、あなたのいる場所、そこが極楽浄土

素敵じゃないですかぁ、私のいるここが極楽浄土だなんてー。

リンポチェの教えで、心がパーンっとオープンになりましたよ
感謝・合掌
[PR]

by yellowtara | 2011-09-30 17:15 | Taraの日々