夏のできごといろいろ ケンチェ・リンポチェ

b0192179_17133671.jpg




今年の夏はとてもバラエティーに富んだ素敵な体験をたくさんした
たくさんの素敵な人たちにであった。

インドのBirから来てくれたゾンカール・ケンツェ・リンポチェ。
彼の今回の教えは、「先入観への解毒法」

最近、あまり修行してなかったせいで、大切なことからすこし遠のいていた
私を、ぐっとセンターへ戻してくれた
学び続けることはとても大切で、とまればほんとうにとまってしまうんだ
智慧が先入観の壁をなくす

私たちは誰も虹を箱の中にいれようとしない
それは、虹が何かしっているから。虹が何か知っている、
という知恵があれば、新しい動機は産まれない

夢の中で毒を飲まなければいけないとする
夢と知っていれば、毒を飲むことができる

智慧をもって、先入観のない開けた視界で世界を見渡せたら
どんなふうに世界は映るのだろう

死ぬときにどういう気持ちであったらいいのかという質問にリンポチェは
優しさ、慈悲、菩提心を心に持つこと、その思いで死ねば
次の身体に入ったとき、その思いを結びつけることができる
とおっしゃっていました

ほんとうにその通りだなぁ。いつ死ぬかわからないこの時代だから
いつでもその思いを心に持ってないとなぁ

心の囚われがなくなれば、あなたのいる場所、そこが極楽浄土

素敵じゃないですかぁ、私のいるここが極楽浄土だなんてー。

リンポチェの教えで、心がパーンっとオープンになりましたよ
感謝・合掌
[PR]

by yellowtara | 2011-09-30 17:15 | Taraの日々 | Comments(2)

Commented by 大平恵美 at 2011-12-10 20:24 x
こんばんわ。今朝、レッスンにうかがった大平です。
レッスンの後は、ちょっと頭が痛くなって、ぐっすり昼寝をしたら、最近の疲れがとれたような感じです。

死ぬ時の気持ちのあり方、、、
優しさ、慈悲、菩提心、、、

うーん、とりあえず、菩提心の意味を調べてみます。。。

出産後の変化、という質問の答えで、私は、精神的に、すごく臆病になった気がします。生命の神秘を、体験したためか、生きていることが、すごく奇跡的で、不安定なことのように思えて、呼吸や心臓が動いていることが、不気味に感じてしまう。。。
死、が今までより身近になって、死ぬことが怖く感じるようになりました。
ヨガの修行をつんで、心穏やかな死を迎えたいです。。。
Commented by yellowtara at 2011-12-11 23:40
菩提心…悟りを求める心…です。
ヨガの実践は、菩提心も育んでくれるように思います。

出産という、究極の「生」を経験して、その対極の「死」がぐっと近くに感じられたんですね。私も時々、死ぬことってどんな感じだろうと、思いを巡らすことがあります。身体の命がつきたとき、私の意識はどうなるんだろう?どこにいくのだろう?
「死」って、人間に誰しも平等に訪れるもので
誰しもが避けて通れないのに、怖いですよね。。
それを考えるとドキドキしてきます。

「死」の先はわからないけど、こうして考えていられるのも生きているから。毎瞬毎瞬の「生」をありがたく思います。私たちがこうしてここに存在することは、おっしゃる通り奇跡だと思います。ご先祖さまから、ずーっと続いている先端が私たちで、なにかひとつでも欠けていたら、なかったかもしれない…
決して一人では、生きられないのだなぁと思います。
だから、今ここに存在できること、生かされていることに感謝して丁寧に生きることを心がけています。
とはいっても、忘れちゃうときもあるんですけどね(-_-;

レッスンで、疲れが取れたのなら良かったです。
大切なシェアリングを、ありがとうございました。