13人のグランドマザーに会ってきました♪

先週の23日から始まった、『13人のおばあちゃんが世界を救う』の
平和国際会議に行って来ました

ほんとは奄美大島で開催されるはずがあの大雨の影響で
飛行機がことごとく飛ばず私たちは取りあえず鹿児島に向かいました。
鹿児島からの方が奄美行きの飛行機が多いので空港で待機することにしました。
でもやっぱり飛行機は飛ばず、グランドマザーの主催者の方々も
鹿児島で足止めされることとなり急遽、鹿児島での開催になりました。

この会議は世界の各国からシャーマンのおばあちゃん達を集めて
世界平和に向けて祈りを捧げるというものです。
ネイティブアメリカン、マヤ族、メキシコ、ネパール、アマゾンから、そして
13人には入っていませんが日本のアイヌのあばあちゃんもいらっしゃいました。
おばあちゃんが一人ずつ、伝統に従って儀式を行いながら祈りを捧げて行きます。

アメリカインディアンのおばあちゃんは、サンダンスやホーリーパイプで。
ネパールのおばあちゃんはハヌマーンやカーリーなどの
インドの神々を自身に下ろして。
アマゾンのおばあちゃんは聖なる火を囲んで歌と踊りで。
沢山の人がトランス状態に。。
ディエティー(存在たち)が降りて来ていたようです。
すごく興味深い儀式でした。
民族の儀式を見るなんて機会はあまりないしおばあちゃんたちの
清らかなバイブレーションが心地よかったです。彼女達はとても慈悲深く
奄美の方々や沖縄の方のアメリカ軍基地の現状に涙されていました。

一人一人の祈りが合わさって重なって大きくなって
地球を救う大きなうねりとなると良いな。
13人のおばあちゃんは一人一人の祈りの大切さを教えてくれました。

最後にもう一つ、アイヌのおばあちゃんの話。
北海道から遠路はるばるいらしてくださった遠山さきさん八十?歳。
とてもとても謙虚な方で、優しくて柔らかくてすてきなおばあちゃんでした。
大雨が降る中おばあちゃんと3人の娘さんがアイヌの伝統的な歌を歌いだしました。
すると雨がピタっと止み、晴れ間が。。わ~すご~い。なんて思ってたら
次の瞬間虹が!!!
会場から歓喜の声がわーーーっと起こりました。それまですーっと雨で晴れたこと
なかったんですから!
しかもダブルレインボー!!!!
なにがどうなっちゃってんの!こんなの見たことない!!!
もうアイヌばあちゃんも私も他の多くの人も号泣です。
私は思わずおばあちゃんのところに走りよって手を握ってありがとう。
おばあちゃんも泣きながらありがとう。。すごく感動でした。
カムイ(アイヌ語で神)ですね、カムイがいらっしゃったんですね。
奇跡でした。

その時の虹とアイヌのおばあちゃん
b0192179_1351196.jpg

b0192179_1352480.jpg



ついでに、鹿児島、高千穂山に天孫降臨、天照大神 あまてらすおおみかみ の孫、
瓊々杵尊 ににぎのみことが降り立った場所といわれている大変神聖な場所にも
行ってきました。
とても神聖で厳かな雰囲気で心がシーンと静まりかえりました。

由緒正しい霧島神社のご神木
b0192179_13534462.jpg

[PR]

by yellowtara | 2010-11-01 13:59 | Taraの日々