ヨーガの色んな意味

ヨーガ

ヨーガのサンスクリット語の意味は「融合」とか「結合」。
では、何と何との融合なのか?
それは、色んな意味があって、色んな取り方が人それぞれあると思うんだけど
Self realization 「真の自分に気づくこと」が私にとっては一番しっくりくる

真の自分ってどうゆうことか?
ヨーガ哲学(ベーダンタ哲学でもその他の色んな哲学がおんなじことを言ってる)
では、心と身体は、真の私ではない。心と身体は、死んでしまったら、それで終わり
永遠でないものは、真の自分ではない。

私たち2元性のなかで生活していると、いろいろと区別がある
あなた、私、始まり、終わり、上、下、きれい、醜い、etc…
言葉も二元論の上に作られたもの
私たちは、2元の世界にどっぷり浸かっている

でも、真実は
すべては一つで、始まりも終わりもない
上も下もない
あなた・私の区別もない

ベーダンタ哲学では、存在するのはたった一つ、アートマンだけ。
アートマンが例えば海の水に例えたとすると、私たちの身体はペットボトルで
その中にアートマンであるおんなじ水が入ってる
そして私たちが今ここにいるのは、たった一つの理由・それに気づくだけのために
ここに降りてきた
ひとつの中にいたら、自分て何かわからない
美しいがあって醜いがある
寒いがあって暖かいがある
つまりは、対極があって初めてわかるんだよね
だから2元のこの世界にわざわざ1元の一つのなかから自分を知る為に降りて来た
自分の意志で

だから真の自分に気づくまで、この旅は終わらない
何度でも戻ってくるんだなー

それが禅り・さとりって悟る=気づく だよな

ヨガはさ、これのプロセスを早めてくれるんだな




その目標に努力がなされている限り、ヨーガと呼ばれる


つまり、別にアーサナとかヨーガの8支則だけがヨーガじゃない
その努力がなされている限り、生活のすべてが、毎瞬毎瞬がヨーガの実践の場と言える
[PR]

by yellowtara | 2010-07-22 21:39 | ヨガのこと