言葉

言葉って自分がそのとき感じている感情が織り込まれてつくられて行く。
最近、感情がどのようにして言葉となって出て行くのかをじっと観察。

気づいたことは、私が思っていたよりも言葉の中に自分のエゴがたくさん含まれていること。
言葉って人との意思の疎通に使っているものなのだけど、他の人にこうして欲しいとか
怒りとか恐れとかが、微妙にニュアンスに含まれる。
攻撃、怒り、利己的、恐れなどのネガティビティーが言葉の中に織り込まれると
それを聞く相手にもそれが伝わって、それに比例した対応が帰ってくる。
つくづく人間とはエネルギーの交換でのコミュニケーションをとっているんだなぁと感じる。
人は目に見えないエネルギーの方を、もしかしたら敏感に感じ取るのかもしれない。

相手に何か伝えたいことがある時は、とりあえず思ったまんま、言葉にしてみる、頭のなかで。
そして言葉の奥にある私の意外な怒り、恐れ、自己中心性なんかを見つける。

思ったこと、感じたことは、素直に出していきたい。
考え、行動を抑圧したりはしたくない けど、言い方って大事だなー

言葉の中から私のネガティビティーは抜いて、率直に簡潔に伝えるようにすると
相手の対応も変わってくるんだなぁ
言葉の中に攻撃・恐れ・怒りがなければリラックスして聞けるよね 冷静に話せる

ネガティブな感情に焦点をあてて言葉に出すと、それが増幅される気がする
でも、無視するんじゃなくてフォーカスしないだけで、それは勝手に過ぎ、去って行くんだな。
それだけに、そうゆうものを言葉にしてしまうのは、なんかもったいない。

周りの人と、暖かい・和・作っていきたもんね!
[PR]

by yellowtara | 2010-07-22 21:25 | 思ったこと