高尾の山

つい最近、映画のAVATARを見ました。

映画はざっというと、ある星に自然と共存して生きてる人たちがいて
私たち地球人が彼らの住処である森を破壊して彼らを追い出そうとする。
最終的には戦争みたくなって人間が負けて、森は守られました、的な内容なんだけど

これは、私の周りでたくさん起こっている事実だ。
私の住む高尾でも圏央道建設のために高尾山にトンネルが掘られようとしている。
b0192179_17341716.gif
b0192179_17335387.jpg



高尾山は、暖帯林と温帯林が接する豊かな植物相があり
千三百種以上の植物、百種以上の野鳥、五千種の昆虫などが生息している自然の宝庫です。
開山以来千二百年の庶民信仰の山であり、「一木一草たりとも切るべからず」
という長年の保護の結果、都心に近い場所ではまれな緑と自然が残されてきました。

今も進行中のこのトンネル計画、周辺の川が干上がったり
修験道の修行の場である琵琶滝も、ここ最近水量が減ってきた…
うちの近くを流れる小仏川も水位が減ってる(これは工事の影響かはまだわからない
みたいだけど。。)

なんで、どうしてこんな横暴ができるんだ?
木を倒して、山を削って、その人たちの良心はどこにあるの?
私たちだって自然の一部なのに、その母である地球をこんなにも
傷つけて、何がしたいんだろう。
地球があっての私たちなのに…
いつのころからその心を忘れてしまったのだろう

建設計画と危険性HP

高尾の山を守ろうと一生懸命に活動してくださってる虔十の会の人々。 


私もなにかできる限り、やっていきたい。
[PR]

# by yellowtara | 2010-08-06 17:42 | 思ったこと | Comments(0)

Let it be...に見る真理

The BeatlesLet it be こんなに素敵な歌詞だった♡



When I find myself in times of trouble   人生で難しさを感じたとき
Mother Mary comes to me        マリア様がやって来て 
Speaking words of wisdom        智慧の言葉を話してくれた
Let it be                あるがままに  
And in my hour of darkness        人生が暗闇の中だと感じたとき
She is standing right it front of me     彼女が前に現れて
Speaking words of wisdom         智慧の言葉を話してくれた
Let it be                 そのままでいいんだよ

Let it be, let it be             そのままで、そのままで
Let it be, let it be             解放しよう、行かせよう
Whisper words of wisdom         智慧のつぶやきは 
Let it be                 あるがままに

And when the broken hearted people    そして、心の傷ついた人々が
Living in the world agree          人生を生きて行くとき
There will be an answer          ここに答えがあるだろう?
Let it be                 こだわることなく行かせるんだ
For though they may be parted there is 今、切り離されたように感じたとしても
still a chance that they will see      未来にはチャンスがあるんだ
There will be an answer         ここに答えがある
Let it be                 今は、(こだわらないで)行かせよう


And when the night is cloudy      時として、曇り夜空のそんな夜だって
There is still a light that shines on me   明日まで導いてくれる光が
Shine until tomorrow           僕にふりそそいでいるよ
Let it be                 だから、なすがままさ


日本語訳は私がつけました
すごく深い意味の歌詞だと思った。

いろいろ起こるこの世の事象は時として
自分の力ではどうにもならないことがたくさん起こる。
そんな時は
もうあれこれ思い悩んだり騒ぎ立てるのはやめてさ、
行かせよう、成り行きに任せよう、神様にお任せしよう


完全なる存在の意思は、私の小さい物の見方の範疇には到底収まらない
今、悪く思えることだって大きい目でみたらわからない

Bhakti yoga(神への献身のヨーガ)にSurrenderというのがある
意味は『引き渡す』ってこと
どうにもならないことはすべて 大いなる存にお任せしよう ってことなのね

やっぱりこの歌詞を書いたジョンレノンはすごいな〜
Let it be というとてもシンプルな言葉の中に
ここまでの意味を込めれるとは・・聞くたびに中心に戻るし
何かあると Let it be って頭に浮かんでくる

こういうシンプルなことば(真理)こそ、頭にインプットされる

Let it be...Let it be...Let it be...
[PR]

# by yellowtara | 2010-08-02 13:30 | 思ったこと | Comments(0)

Yoga Padma Rishkesh でクラスが始まります!


8月から原宿にあるYoga Padma Rishkeshでクラスを担当させてもらえることになりました〜。

yogapadmaのRaj先生とはインドのリシケシで出会った。何度か彼のクラスに通ったこともあって。
まさか日本での再会なんて夢にも思ってなかったんだけど、もっとのまさか、彼が日本でスタジオを開いて、さらにそこで教えさせてもらえるなんて…
ほんと、縁だなー。縁の強い人とは、別に頑張って繋ごうとしなくても繋がって行くんだなー。

Raj先生は本当にいい人で、ヨガもすごい。
17歳の時、自転車に乗ってて、交通事故に会い、深手の傷を負いつつも
ヨガで直してしまった。今はなーんの問題もなく、というより普通以上?!に健康体。
そして、わたしの目から見ても、教えるのが天才的。
アーサナのクラスだけじゃなく、ヨーガ哲学やチャンティングも教えています。

私のクラスは毎週木・金曜日です。

木曜日
8/5,12,19,26  シバナンダ・ヨガ 17:00〜18:30 講師名 Tara

金曜日
8/6,20,27   アカンダ・ヨガ 17:30〜19:00 講師名 Tara

どちらのクラスも1レッスン1500円です。

このクラスは予約制です。
ご希望の方はメールか電話にて予約してください。

電話:03-5775-4776 メール:info@yogapadma.jp
[PR]

# by yellowtara | 2010-07-30 16:03 | Comments(0)

戦うべきは、我が心


最近ほんとつくづく思うことは、

心ってのはも〜自分勝手にあーでもない、こーでもないって
望んでもないこと勝手に動いておもっちゃうのよね。

もーーー振り回されるのはごめんです!
心についちいちつき合ってると疲れるよ!

とりあえず。。

ok、この外界の出来事に反応しているのはこいつ、不埒な心であって
私じゃ、ない、としっかり認知する。
心に手綱をひく。

以下、シバナンダヨガの偉大な大師、サッチダナンダジの解釈
パタンジャリのヨーガスートラより抜粋

ヨーガ哲学で、外界の変化にはこだわらないのはこのためです。サンスクリットの格言に「人は心なり。束縛あるいは解脱は汝自身の心中にあり」というのがあります。もし私が束縛されていると感じれば、私は束縛されている。しかし、解放されていると感じるならば、私は解放されているのです。外で起こるいろいろな事象は私を束縛も解放もしない、それは、私がそれらに対する態度一つにかかっているのです。

これを知っておくと、本当に助けになる。
怒り、妬み、不安など、あまりいごごちの良くない感情で自分が占領されそうになったとき
これを思い出す、私自身が作ってる世界だと。

そしてさらに、こういったいごこち悪い感情にフォーカスしてると
それらは増幅する。
どんな感情も思考も私なしには存在できない。
わたしなしにはパワーもない。
もし思考に実際のパワーがあるとしたら、私だけにでなく他の人にも影響を
与えるはずだ。でも実際、不安や妬みなどの感情は個人的なもので
それは他人様にはまったく影響がない

ということは、それらの感情・思考に力を与えてるのは他でもない、このわたしだということ。

心に手綱を引く方法は、たくさんある。
それがヨーガであったり、瞑想であったり、フラワーエッセンスだったり。

心は別に敵ではない。
こころは、私の人生にたくさんの色を落としてくれる、素敵な存在でもある
ただ、しつけされていない子供のようなやつなのです。
時々、はっと気づくと暴走してる。

以下、マチウ・リカール著 幸福の探求 より抜粋

心の制御は外界の何物にもよることのない、うちなる幸福を実現します。
満足と不満、静寂と興奮、熱意と無気力の間を永遠に揺らめく振り子の状態に甘んじ、衝動や自分が本来持っている心の思いの癖を野放しにておくことは、「自分らしく生きる」ことではありません。
幸福(心の平安)とは、技術であり、人の本来の在り様でもあります。技術は訓練しななければ身に付かない。
昔のペルシャの諺で「忍耐には桑の葉を繻子に変える力がある」(桑の葉で蚕を飼い、繭から生糸が作られ、それを加工して絹の繻子ができるまでの作業には、たゆまぬ努力と忍耐力が必要であることの譬え) 心の訓練もこれと同じことです。



日々、訓練です。
[PR]

# by yellowtara | 2010-07-26 15:31 | 思ったこと | Comments(0)

隣車線のおじさん


今日の夕方、車に乗ってもうかなり涼しかったから窓は全開で。
夕方の風と夕日の空気のオレンジな感じがすごくきれいだった
気持ちよさと幸せ感も全開で、なんかウキウキしていると


「おじょーさん」

と呼びかけられ そっちに目を向けると満遍の笑顔のおじさんが

「おじょーさん、ecoだね!おじさんも!(おじさんも窓全開)
 夕方は涼しいもんね、みんなそうすればいいのに!環境にもいいしさ!」



信号待ちで偶然隣に並んだおじさん。
信号待ちのつかの間を共有して、おしゃべりして、なんか暖かい気分になった
そしておじさんは満遍の笑みのまま、「じゃーねー!」って去って行った

こうゆう何気ない繋がりって好き
こころがほわ〜っと暖かくなるよね
[PR]

# by yellowtara | 2010-07-24 18:15 | Taraの日々 | Comments(0)