<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年の瀬

2015年、残すところあと1日。今年もあっという間の1年間だった。
村に来てもうすぐ丸3年経つということか。はっやいなぁ。
村での生活にも慣れて、毎日のルーティンもはっきりしてきて
淡々と粛々と過ぎていく日々だった。だからなのか、気持ち的にもとても
落ち着いていたように思う。
村に来て変わったことがたくさんある。
今年は料理が楽しかったな。今までは次から次へとできる農作物をどのように
処理したらよいかわからなくて、途方に暮れたっけ。
でも今年は、無駄なく保存食にすることができた。毎年少しづつ
いろんな方法や、アイディアを取り入れて、あくせくすることなく
余裕を持ってできた。これは自分にとっても大きいことだった。
農作業と家事と、自分の仕事の優先順位も臨機応変に対応できたし
何よりも楽しんでできたことが嬉しい。

仕事の流れも良かった。東京での仕事がバタバタ終わった時に岐阜での新しい仕事の
話をもらって。何事も一生懸命やっていると、自ずと道がひらけるんだなぁと。
自分が持っている心の根がよかったんだよ、それでいいんだよ、って言ってもらった
気がして、嬉しかった。

新しい挑戦もいっぱいあった。東京でのワークショップもそのひとつ。
ヨーガタットヴァ シリーズで哲学的なこと、エネルギー的なことをみなさんに
お伝えできた。内容も自信を持ってお伝えできる、資料を作ったことも
大きな宝だ。これからも自分用にヨガ辞書を作っていきたい。
岐阜の仲間ともリトリートをした。
みんなの技術を持ち合わせれば、こんなに素晴らしいことができるのだ、
そういう仲間が近くにいて、恵まれて、自分はなんて幸せものなんだと思う。
ぶーちゃんの散歩をして、毎日違う表情を見せる自然を見てもそう思う。
仕事をして、みんなのキラキラした笑顔に出会うとまた思う。

そして震災の日を思い出す。私のゼロポイント。
この当たり前のような生活は全然当たり前ではなくて、実は奇跡なのだと思い出す。
ありがとうの反対語は当たり前だという、
だから有り難い幸せを大切に思う。

世界中の人々が、有り難い幸せを感じられる平和な世界を祈る。

間もなく2016、田舎生活も4年目、カバラ数秘術4の年にはいる。
4の年は概して物質的でハードワークな年と成る。
仕事が忙しくなるのか、どういう意味のハードワークなのか、楽しみだ。

来年の抱負は
『無意識的行動や言動に意識を払うこと、自分のマインドを上手にコントロールすること』
そして、人生を楽しむ!

みなさま、良いお年をお迎えください。
そして、来年も宜しくお願い致します!

Om tara








[PR]

by yellowtara | 2015-12-30 23:09 | Taraの日々 | Comments(0)