<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日々の色々、草木染め 11月

こんにちは。

ちょっと前までここも暖かかくて、今年は冬の到来がいつもより遅く
いつもの時期に干した柿と大根はかびが入ってしまった。
地元の人もこんなに暖かくて湿度の高い冬の始まりは初めてだ、といっていました。

それでも秋の11月、げんてん農場は収穫で大忙し。
米、荏胡麻、大豆が一気に収穫時となり秋の暖かな晴れた空の下、
作業はとても気持ちがよいです。
b0192179_14101635.jpg



食卓は秋の食材で大にぎわい。
新米のお米の香り、色とりどりの野菜たちがテーブルを彩ります。
b0192179_143334.jpg



11月の草木染めはマリーゴールドと、タマネギの皮のミックス液で
初めての鉄媒染。一同鉄媒染に感動でした。みょうばんは鮮やかな色に仕上がるのに対して
鉄媒染はすごく渋い色がでました。私の好みの色合いです。
みんなの作品、絞りが上手になってきて素敵だ。

b0192179_13425494.jpg



次回はセイタカアワダチソウで染める予定です。

つい先日、愛犬ぶーちゃんのあごの下に大きなしこりを見つけました。
場所的にリンパが腫れているらしく、調べてみるとリンパ腫の可能性がありました。
リンパ腫だった場合は、完治はできず、余命は1ヶ月〜長くて1年、、、なんて
色々調べるうちにそうなのではないか、としか思えなくなってしまいました。
病院に行けるまでにしばらく時間があったので、死について熟考しました。

『死』の陰が見えると、とたんにそのものの価値が良く見えてきます。
ぶーちゃんも私たちも永遠に生きられるわけではないし、永遠に生きられる
チャンスがあったとしてもそんな恐ろしい選択はしない。
死ねるから幸せなんだけれど、私は実感として自分が死ぬなんて思っていない。
もちろん年取っていつかは死を迎えるだろう、それはきっと寿命が尽きた時
眠るように終えるんだろうと漠然と都合良く想像する。
でも。
今日交通事故で死ぬかもしれないし、1年後に病気で死ぬかもしれない。
寿命を全うできない死に方かもしれない。
いつまで生きられるかは、全くわからない。
限られた時間(生命)を持っているわけだから、刻々それに近づいている。
そして、一番最後にある、「死」のポイントからあたりを見渡せば
なんて貴重でかけがえのないことばかりが見えてくる。
2度とは戻らない世界であることに気がつく。
失って初めて気付くってことをよく言うし、聞くけど
失う前に気付けたらもっといい。
「死」という現象はその視点をくれる。
その視点からいろいろなことを考えたら、死んだ後に後悔はないだろうな。
毎日、忘れずに生きたいな、と思う。

ちなみに、ぶーちゃんはリンパ腫ではなく、リンパ節炎の可能性が高いとのことで
今、経過観察中です。多分大丈夫。あぁ、よかった〜


12月の家ヨガは4,11、18,25日(金) 10:30〜12:00です。
部屋を暖めて、ほっとチャイを淹れてお待ちしてます。
ご連絡ください。

yellowtara77@yahoo.co.jp
[PR]

by yellowtara | 2015-11-30 14:13 | Taraの日々 | Comments(0)