カテゴリ:ヨガのこと( 28 )

ヨガ素晴らしき哉

こんにちは!

梅雨入りしたのでしょうか、なお空模様。
雲の陰影や動きがドラマチックで
結構好きです。

最近たらの周りは急激にヨギーニ(ヨガをする人)が増えてきました。

皆様の「ヨガをすること」の素晴らしさのフィードバックをたくさんもらって、ヨガは効果絶大だなぁ〜と改めて実感しています。

いつもなら夕方には疲れてぐったりしてしまうのが、元気が夜まで続く。
生理前のイライラ不快感がなくなった。
心と体がバラバラな感じがしていたのが、繋がった。
手足の痺れが収まって、足が上がるようになった。
イライラしなくなった。
夜眠れる。
コーヒーがやめられたw

素晴らしき哉ヨガ効果!


生徒さんが言っていた言葉が印象に残りました。

体が整うと、心も整う

そう、まさに。
体は、見れて触れる物質で一番アクセスが簡単な場所。体を感じて、体を通して、または直にハートの真ん中を感じ、呼吸を感じ、呼吸を制御し、感覚を内側に引き戻し、自らの中心を見据える。

これがヨガをする人が体験すること。

インドの叡智。
ヨガは宝。

出会えたことのgood karmaに感謝してます!

レッスンの最後に最近お気に入りのミントミルクティ。ミルクとミントって以外と合うんです♪

b0192179_13544544.jpg



最近よく聞きます。
「心と体がバラバラで....」

ぜひ、ヨガしにいらしてください。
絶対繋がりますから。
だってヨガって「繋ぐ」って意味なんですよ!


ヨガに感謝
Om shanti

www.yogalingta.info


青空ヨガもやります!
7/9(日)9:00〜10:30@陵南公園
詳細はこちら


#tarayoga,#ヨガの効果


[PR]

by yellowtara | 2017-06-07 13:16 | ヨガのこと | Comments(0)

Yoga-繋ぐ ということ

b0192179_20402261.jpg



ヨガってなんだろう?

ヨガはサンスクリット語で繋ぐという意味があります。文字通り、私たちのパーツを繋げてくれるのです。

そのパーツとは...心、身体、呼吸、精神

忙しい毎日、呼吸も疎かになり身体はガチガチに。そのうち呼吸が入るスペースも縮まって
いつもなんか息苦しい。
緊張すれば呼吸は早まり、落ち込めば、浅くなり...
そうなっては、もう呼吸を感じる余裕なんてありません。
感情と呼吸は繋がっているので、自分の感情もわからなくなってしまう。
感情、呼吸から分断されたら、体を感じることはできません。

もうどこから手をつけたらいいのやら...
ヨガを始める前はそんな状態でした。

身体は痛いし、呼吸は苦しいし、心もキューってなって。

あぁ辛い。

それでヨガのプラクティスを始めました。
始めた途端に、流れ繋がって行く自分のパーツを感じました。

呼吸が、感情が、体が柔らかくなって、感度が上がりました。
今では、体に異変があるとすぐわかるし、感情的に無理してる時もちゃんと自覚があるので、回避するように行動するし、自分に嘘つかなくなって、和らげるようにヨガをして、身体的にも心的にも、歪みを溜めずにヨガプラクティスで解放しています。

そう、「繋がる」とはそういうこと。

相変わらずストレスはあるし、体にだって問題はあるけど、無理をしなくなる、っていうかできなくなる。

ある友人が、体の調子が悪くて、それはきっと運動不足のせいかもしれない、筋肉つけないと、とスポーツクラブで鍛えていたそうです。

そんな時にヨガのレッスンを受けに来てくれました。たっぷり呼吸して、ゆっくりリラックスして身体を動かして、呼吸を感じて、瞑想して。

そして次の日。

身体をまっすぐできないほど、下腹部が痛くなったそうです。すぐに病院に行ったところ、子宮筋腫が発覚したそうです。

彼女は
「ありがとう、ヨガしたからわかったんだよ」
と言ってくれました。

体と、心と、呼吸と、繋がるとはそういうこと。
体があげている悲鳴がやっと聞こえるようになったのだと思いました。

自分に敏感になるって、自分を大事にすることなんですね。

もうあんまり無理しないでね。
時々体の声を聞いてあげてね。
心がきゅーっと苦しくなったら、深く呼吸しよう。


ヨガってつくづく、素晴らしい。










[PR]

by yellowtara | 2017-05-01 20:08 | ヨガのこと | Comments(0)

ヨガの効果 妊娠出産編

こんにちは!


先週の木曜日、新月近い日に妹まやの息子、セヤビが出てきてくれました!

b0192179_16454276.jpg


もおそれはそれは、玉のように可愛い男の子です。千野家は一気にhappy モード。
元気な赤ちゃんと、無事の出産に感謝します!thanx god!
赤ちゃんパワーはすごいですね!
セヤビは産まれたて。まだ自我がない感じ、宇宙人で神様です。

それと驚いたことがもう一つ。
まやの妊娠出産でヨガがもたらした効果がハンパなかったんです。
初産&高齢出産の彼女。
妊娠後期、臨月に近ずくも、腹筋があるので支えられて腰痛がありませんでした。

彼女は骨盤を開く独自のシークエンスを開発したそうで、臨月になると骨盤が自然と開き、赤ちゃんが下に降りてきて骨盤の中に収まったようで、お腹が小さくなったように見えました。

予定日より数日早く陣痛が。いきみ逃しは、ヨガで練習していた深呼吸がとても役に立ちました。呼吸って、普段してますが、1日で呼吸は伸びません。深呼吸や腹式呼吸といった呼吸法は、練習して身体が覚えるものです。

そして出産。
破水してから3分足らずで出て来ました。
先生方もびっくり。あまりに早すぎて、外に待機していた旦那様と私と母は立ち会えませんでした!笑)
ツルっと出て来たそうです。

普段からのヨガの練習で、骨盤の動きがスムーズだったため、会陰切開なし、産後のダメージもなし。出産した直後からスタスタ歩いてました。
しかも産後のお腹をみても全然たるんでない!腹筋が支えてたので肌も伸びきってなかったみたいです。すぐ元どうりになるだろうな。骨盤も開いている感じはなく、ヒュっと開いてシュッと戻ったのか、産前のままの腰回りでした。


本当にすごい、ヨガはすごい。
まやの出産をみて、ヨガをしていると目に見えて健康になるけれど、見えない部分も健康になっていたことに気がつきました。
毎日毎日寿命を伸ばしてるんだな。

確かまやもヨガを始めてかれこれ7年くらいになるんじゃないかな。
ヨガをする度に少しずつ骨盤の動きを柔らかくしてきました。
出産って、ほんの数時間のうちにそれが起こるのです。考えると恐ろしい。
数時間で開かなきゃいけないのです。

妊娠してからヨガしても、そう簡単に骨盤は動いてくれません。習慣として日頃から骨盤の開閉をスムーズにしておくのが良いですね。

ヨガをしてたらきっと老後に違いが出るだろうな。旅して踊る元気なおばぁちゃん目指そっと。笑)

Tara



[PR]

by yellowtara | 2016-12-08 12:45 | ヨガのこと | Comments(2)

ヨガを深めるレッスン〜バンダ編〜おさらい


b0192179_21544359.jpg



こんにちは。暑いですね!
前回の「ヨガを深めるレッスン」では、バンダを学びました。

バンダとは、締める、閉じる、英語のバンドの語源と言われるハタヨガのムドラー(印)
のことを指します。
上の写真をみてもらえるとわかりやすいのですが、3つあります。
身体を壷と見立てて、一番したの会陰のムーラバンダと、上の喉のジャーランダラバンダとで
上下を締めて、生命エネルギーを身体、エネルギー体に閉じ込めて取り込むテクニックです。
ウッディヤーナバンダによって、閉じ込めたエネルギーをスシュムナー(背骨に沿ってある、エネルギーが通る場所)のなかを、プラーナは自由に飛び回ります。

ムーラとは根、根本、基底の意味で、肛門を含め会陰部の引き締めを行うムーラバンダ。
身体から下降して出て行こうとするプラーナを引き上げます。
ジャーランダラバンダは、あごを引き喉を引き締めることで行います。
身体から上昇して出て行こうとするプラーナを引き戻します。

テーマはムーラバンダ。
着物を着ていた時代の女性は、農耕や正座の和の生活スタイルから、自然とムーラバンダが引き締まっていました。月経の時、今のようにナプキンなどなくても、しっかり月経コントロールができてたのは
ムーラバンダのためです。
椅子に座る現代のライフスタイルでは、ムーラバンダは弱り、せっかく得たプーラナがだだ漏れの状態になってしまっています。エネルギーが漏れれば、疲れやすくなってしまいます。

立位アーサナをムーラバンダを引き締めて行う練習をしました。
トリコナアーサナやヴィラバドラーサナなどを、バンダを締めない状態と締めた状態でその違いを体感しました。ムーラバンダを締めると、腰回りもガチっと安定しアーサナを美しくとる事ができるし、キープが楽になります。レッスンを受けた方も、バンダを締めると突然腰回りが安定し、背骨がすっと伸びバランスが良くなる!と驚いていました。ムーラバンダを引き締めるとはっきり差がわかるくらい、感覚が違います。

バンダは、すべての病気をなくし、老いと死を破壊し、若さと元気をもたらす、と言われています。
実際バンダを意識した自己練では、元気が増しているのがわかります。
練習すれば、アーサナで腰の歪みが整われ、ムーラバンダが意識しなくても保てるようになってきます。
生理痛もなくなります。

次回8/27,10:00–11:30のヨガを深めるレッスンも、引き続きバンダ引き締めの練習をします。

前回来ていなくても大丈夫なので、どなたでもご参加くださいませ。

みなさま良い夜を。

たら











[PR]

by yellowtara | 2016-08-07 21:57 | ヨガのこと | Comments(0)

たらのヨガライフ 瞑想のススメ


こんにちは。
はっきりしない天気が続きますね!
梅雨というよりモンスーン?!スコール的な大雨が降って、涼しくなる。
その感じは好きなんですが、いままでなかった雨の降り様に、
気候変動が起こっているんだなと、複雑な気持ちになります。

たらが最近行っているオススメのヨガ的ライフをご紹介します。
それは、めっちゃ簡単、お手軽!朝一瞑想です。
朝起きて、布団の中でちょっとだけ身体を伸ばし、目を覚ましてから、布団の上で瞑想です。
布団の上で瞑想なんてそもそもどうなのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
が、しないよりは断然いいので、オススメした次第です。
とっても忙しい朝にヨガして瞑想なんて、時間が取れないって時でも、
朝一瞑想だと心がまだ動きだしていないから、起きがけってとても瞑想に入りやすいんです。

瞑想はまとめてどかっと座るより、3分でも5分でも毎日したほうがいいです。
朝一瞑想を始めてから、我がモンキーマインドの心の動きが捉えやすい。
毎日練習している呼吸法、アヌロマヴィローマの時に、
以前はinhale4、hold16、exhale8のレシオ×10回が苦痛で苦痛で、
集中できなくて途中で投げ出すこともよくあったけど、
それがいまは難なく最後までできてプラスαできるくらいに余裕があります。

これはすごいです。
やっぱりモンキーマインドに手綱をかけるのは瞑想だと実感しています。
朝一瞑想オススメでっす☆

モンキーマインドについてのミンギュールリンポチェの
わかりやすい解説はこちらをご覧ください。(英語です)


b0192179_14121604.jpg

写真は、窓の外に巣を作っている赤バチかな?
成長を楽しみにしていたけど、ある日突然いなくなっていました。
もっといい場所見つけたのかな。
今日も良い1日を。



たら



[PR]

by yellowtara | 2016-07-16 14:17 | ヨガのこと | Comments(0)

ヨガを深めるレッスン〜今日のおさらい

『ヨガを深めるレッスン』のおさらい。

ヨガのことを、書いてみようと思います。

ヨガがどのように私たちに効力があるのか、今日はその説明からはじまりました。

私たちの存在は、『心・身体・精神』の三位一体、三巴で成りたっているといわれます。
それぞれは、まったく同じエネルギーですが、粗い→微細でその成りは変化します。
身体は最も粗いエネルギー、心→精神に進むに従って微細になっていきます。
私たちの本質が、どこにあるかと考えたときに
アカンダ「永遠なるもの・壊れないもの」が本質である、という観点からみますと
身体は生まれ、死ぬ、滅びるものなので本質はここにはありません。
心は、流動的なもので、外界からの刺激を受け、リアクションし瞬間瞬間でその様を変える
ここにも本質はありません。
つまり残る精神の部分に本質はあります。
しかし本質は、心の動きやからだに受ける刺激などに埋もれ見えなくなってしまします。
それはちょうど、海に例えられます。
嵐、大風が吹いている時、海の水の表面は波立って大荒れになります。しかし、海の中は、外界からの影響は受けず、静かで穏やかなで、いつも同じです。
こころと精神の関係もこれに似ています。
もう一つ例を挙げると、
テレビを見ている自分とテレビの中の出来事。テレビの中で何が起こっていても、見ている自分は何の影響も受けません。
テレビの中で起こっていることは、外界の事象、みている自分は本質です。
外の世界の事象は、すべて自分のこころの現れなのです。すべてマーヤー(幻影)なのです。
10人の人が同じ事柄を見ても、感じ方捉え方は千差万別です。みんなそれぞれの色眼鏡で10人が全員、違う現実を見ています。

つまり、すべて心次第。
こころが幻影だからと言って、馬鹿になんてできません。その力はとーってもパワフル。
よっぽど気をつけていないと持って行かれてしまいます。

そのために先史のリシ(賢者)たちが考え出したのがヨガでした。

アーサナでからだに意識を向け、集中する。こころは一時に一つの事柄しか思えないので、アーサナに集中している時、あちこち動きません。

怒った時緊張している時、呼吸は浅く早くなります。こころと呼吸は連動しています。それを逆手にとってこころに手綱をかけるのがプラーナヤーマ。
「呼吸を制するものはこころを制する」

マントラの持つ神聖なバイブレーションでこころを鎮め、教典を読むことで確かな智慧を得、シャヴァーサナ「死体のポーズ」で持っているものすべて放棄する。

様々な技法で、こころとからだを浄化し、
瞑想して自己の本質を確認する作業なのです。本質は何時も清く、不動で永遠です。

ヨガって実はそんな風に働いてます。
終わった後のあの静けさ、気持ち良さは
こころの作用が止まり、本質に立ち返るからなんです。
だからヨガはヨガの時間だけにとどまりません。
姿勢を正し、こころを観察することを24時間続けます。一瞬一瞬がヨガなのでした。

来週のヨガを深めるレッスンは

基本の呼吸法
腹式呼吸、完全呼吸、アノラマヴィローマを学びます。

みなさま良い週末を。

Om tara

[PR]

by yellowtara | 2016-07-02 15:16 | ヨガのこと | Comments(0)

ヨーガ・タットヴァ Vol,2が終わりました♪

こんにちは!

先日、ヨーガ・タットヴァ第2回が開催されました。

前回はプラーナについて学び、今回はプラーナの経路、
イダー・ピンガラ・スシュムナーを学びました。

ヨーガ用語はサンスクリット語で表されるので、初めて聞く方は
聞き慣れない言葉に戸惑いもあるかと思いますが
参加者の方々からは、説明がとてもわかりやすかった
普段やっている練習がどのようなことに働きかけているかが理解できたという
感想をいただきました。

ヨーガ・タットヴァを始めたのは、正にそれが理由で、
ヨーガをしばらくの間練習していると、いろいろな恩恵を受け
からだとこころがポジティブな方向へ向かいます。
理屈を知っていなくても、もちろんその効果は実感できるものですが
理論を理解することで、その効果はさらに大きくなる、と感じています。
そして知識があれば、例えば自分の身体的でも、精神的でも
もろい部分を発見したとき、それに合わせて強化、もしくは緩和するような
練習法を選択することができます。

ヨーガとは、物事の本質、こころや身体、目に見えない微細なエネルギーのことを
詳細に説明している学問であると言えます。
学ぶことで自然と心と身体、思考を整え、自己の取り組むべき問題を
正視し、ひとつひとつに丁寧に取り組むことで人生の岐路の選択に
大きなポジティブな影響を与えます。
ヨーガではは努力することと委ねることのバランスを修練します。
それは人の一生でも言える重要なポイントだと思います。
一生懸命物事にあって、結果になにが来てもこだわらない。
そんな心の柔軟性を身につけられたら、人生は思った以上に
楽なものになります。

ヨーガのそんな側面も、ヨーガタットヴァで伝えていけたらいいなと思っています。

今回ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

次回7/4(土)はバンダについてを学びます。
バンダとは締める、閉じる、英語のバンドの語源で
気の流れを整えるテクニックです。

実践ではバンダを使ったプラーナヤーマを学びます。

詳細を練ってまたUPします。

Om tara







[PR]

by yellowtara | 2015-05-18 20:01 | ヨガのこと | Comments(0)

私の好きなマントラ サルヴェ バヴァントゥ スキナハ

ヨーガの練習において、マントラ(真言)は欠かせない要素のひとつです。

私の好きなマントラ、サルヴェ バヴァントゥ スキナハを紹介します。

以下、インドで知り合ったヴェーダ哲学を学んでいらっしゃる
Michikaさんのブログ「祈りの手引き」より抜粋。



सर्वे भवन्तु सुखिनः ।
sarve bhavantu sukhinaḥ |
サルヴェー バヴァントゥ スキナハ

全てのものが幸せになれますように。

सर्वे सन्तु निरामयाः ।
sarve santu nirāmayāḥ |
サルヴェー サントゥ ニラーマヤーハ

全てのものが病から自由でありますように。

सर्वे भद्राणि पश्यन्तु ।
sarve bhadrāṇi paśyantu |
サルヴェー バッドラーニ パッシャントゥ

全てのものが善いことを見ますように。
その為に、善いことが、皆の為に起きますように。

もしくは、
誰でも良い側面と、改善するべき側面を持っています。
良い側面を見ることが出来ますように。

मा कश्चिद् दुःखभाग् भवेत् ॥
mā kaścid duḥkhabhāg bhavet ||
マー カスチッド ドゥッカバーグ バヴェート

物理的、心理的、あらゆる痛みを、誰も感じる事がありませんように。

ॐ शान्तिः शान्तिः शान्तिः ॥
om̐ śāntiḥ śāntiḥ śāntiḥ ||
オーム シャーンティッシャーンティッシャーンティヒ 


このマントラが好きです。
意味を知ってもっと好きになりました。
マントラは音を使った修行です。
音には、ヴァイブレーションがあります。
意味がわからなくても、唱えているとそのヴァイブレーションで
心が穏やかになり、優しい気持ちになってゆくのが感じられます。
繰り返し繰り返し唱えると、その言葉の持つヴァイブレーションが
身体に意識に浸透して、その言霊が持つ波動と一緒になります。
Michikaさんは祈りの手引きのなかでこうおっしゃっています。


祈りというものは、まず自分を変える為にある、ということです。
自分の思考や行動の基準が、「サルヴェー バヴァントゥ ...」になっていくのです。
それは、この祈りが自然と自分を大きくしてくれていた、という結果です。
「自分を大きくする」ということは、「周りを思いやる」に集約されます。



それは、先日来日された、ゾンツァール・ケンツェ・リンポチェの
菩提心の教えの中にもありました。

〜衆生すべての苦しみを根元から取り除き、永久の安楽の地、仏の
境地に到達できるようにと祈る、その効用は言葉に言い表せないほど
すばらしいものです。
苦しみを欲するような生き物は全くいません。
その苦しみを取り除きたいと望むものばかりです。
蝶が灯明の火の中へ飛び込むように、生き物は苦しみの原因を
自ら作り出しています。
ですから安楽のない、苦しみばかりの生き物に安楽を与えようと
思う愛情の心と、苦しみとその原因を取り除いてあげようと思う同情の心、この2つを慈悲と言います〜

しかし私たちは無知というヴェールを覆いかぶって、安楽の元となる
善い行いを敵視してしまい、自らをなくしてしまっています。

「生きとし生けるものの苦しみが取り除かれその原因が私に集結しますように」

と祈ることは、生きとし生けるものだけではなく、結果自分も救われる
ということなんです。

そんな風に、自分がありとあらゆるすべての痛みを引き受けるように祈るなんて
正直、怖いと思いました。
祈りには強力な力があり、必ず結果を生みだします。
毎日そのように祈れば、私のエゴが取り払われる強力な力に
なるというのは、だんだんわかってきました。
わかってきたからにはこれから毎日の練習のひとつとして「祈り」を
実践していきたいと思いました。

どんな変化をもたらすのか、楽しみです。

Om tara

[PR]

by yellowtara | 2015-02-18 14:20 | ヨガのこと | Comments(0)

ヨガを始めて変わったこと。

ヨガに初めて出会ってから早いもので12年がたった。
12年間の間で周りではいろいろなことがおこり様々な変化があったけど
ヨガはいつも変わらず私を支えてくれている。

ヨガを始めてからかわったこと、素晴らしさをつらつら書いてみよう。


1、落ち着きが得られ集中力が増した。
私は、アユールベーダの体質をカテゴライズする概念、
ドーシャで”風・ヴァータ”の傾向が強い。 
自然の風同様の性質、風は軽くフワフワと漂う、
ヴァータ体質はくるくると思考が変化するため
ドーシャのバランスが崩れたときは落ち着きがなくなりがちだった。
ヨガは私にとって碇の役目をしてくれる。
アーサナのバランスをとるためには集中しなければできない。
確固たる集中がマインドを安定させるのだ。

2、身体が強くなった。
以前の私は病弱で、なにかって言うとすぐ風を引いて熱をだしていた。
それに若い時分からすでに関節があちこち痛かった。
ヨガは呼吸を伴いながらゆっくり動き、眠れる筋肉を起こし
硬くなった筋や関節を柔軟にする。
運動が嫌いだった私にも続けられたのは、
自分のペースで無理なくできたからだ。
血流が増し、身体の体温が上がったため、免疫機能が向上し、風邪も滅多に引かない。
身体が強くなったら、運動が大好きになった!

3、直感力が増した。
ヨガの練習中はプラッティアハーラ(制感)といって
普段は外側に向かっている感覚を内側に引き込む。
アーサナをしていると身体の状態、バランス、感覚に集中するので
自然とそれがおこる。
身体の些細な感覚を感じとる訓練で、自分に必要なものや事柄が
やってきたときにすぐにわかる。
心も同様、集中しているときは心の働きが止まる。
心を定期的にニュートラルにすることで不要な感情を
手放し、新しい何かが生まれるスペースをいつもつくっているのだ。

4、自信がついた。
今までのなにをやっても続かなくて、そんな自分が嫌いだった。
でもヨガだけはもう12年も続けている!それは私にとって大きな自信になった。
それにヨガって年齢にあわせて調節できるし、課題もたくさんあるから一生続けられる。
昨日までできなかったアーサナが、ある日突然できるようになったときの達成感といったら。
日々が充実する!

5、心の操縦法を知って、心が楽になった。
ヨガの哲学では、心の構造や真理、智慧について学ぶ。
心の作用を理解することで必要以上に苦しむことがないし、
辛いことがあっても立ち直りがはやい!
心の声をちゃんと聞けて全力で行動するから、残念な結果になったとしても後悔しない!
ことの道理や道筋をわきまえ正しく判断することができるようになってくる(ちょっとずつね...)

6、感覚が広がり幸せ感が増した
物理的な身体だけではなくて、目には見えないけど
私たちの身体を機能させるエーテル体が存在する。
ヨガの練習はこのプラニックボディーまでも影響を及ぼし、感じ取る能力が増すのだ。
美しい自然の中や、グッドバイブレーションの場所なんか見つけると、とても幸せ!

7、世界が広がった
ヨガが大好きでインドに行ったり、色々なところに通ったり、出会い、友達が増えた。
太極拳とか、書道、茶道、禅、仏教etcにもヨガとの共通点を見つける。
あぁ、世界はひとつなんだなと実感する。
ヨガを通して新しいことを知り、学び、受け入れ、手放し、
一生精進できるんだと思うと嬉しくなってくる!


こうやって書き記してみると、何とまぁ助けられていることか、ヨガに出会えたことに心から感謝!


Om tara
  


  

  
  
  
  
  
  
  

[PR]

by yellowtara | 2015-02-07 12:57 | ヨガのこと | Comments(0)

Naming Ceremony

コースは終わりに近づき、ビシュワジからスピリチュアルネームをいただきました。

ファイアープージャ
b0192179_235615100.jpg

b0192179_23561777.jpg


500時間を終えて、9年前に始まったヨガライフの一段落に、そしてこれからの新しい生活への区切りにピッタリなタイミングだった。
いただいた名は'Om Tara'
b0192179_23561393.jpg

Taraは星という意味で、その名がスピリチュアルネームになって、とても嬉しいよ~♪
天国にいるたーちんもきっと喜んでくれてると思う。Tara という名が、私に受け継がれて生き続けるんだものー。すべてのピースがしっくりあわさって、これで良かったのだと大満足、にっこりですー003.gif


そして、ネーミングセレモニーの後は、みんなでクリシュナテンプルに行って、歌って踊って、お腹すかして美味しいご飯をいただきました。
b0192179_2356115.jpg


コースはあと1週間あるけど、なんだかもう終わった気分。

コースのはじめにサンカルパシャクティという、コースに対しての抱負みたいなものを書き記したんだけど、実はインドにきた時に、たーちんが死にそうだったりとか、珍しく日本の生活にいろいろと後ろ髪引かれる思いを残したまま出てきたので、気が散漫な状態で何を書いたか覚えてないくらいの感じだったのだけれど、終盤見返してみると、しっかりコース中にあぶり出されたカルマが書いてあった。完全にはサムスカーラ(残存印象)を消せたわけではないけど、自覚できたことは大きな一歩を踏めたと思う。

朝からディープな1日を過ごしたなぁ~

そして今朝には104歳のヨギ、ヨガナンダスワミジが教えてくれました~。
b0192179_23561837.jpg

b0192179_23561976.jpg


もぉほんっとに面白いクラスで、あんなに面白いクラスを受けたのは、人生初めてだわ~笑
ビシュワもヨガナンダジもめちゃお茶目。
104歳のご老人を労わるビシュワジの姿も素敵だったし、お二人の関係も微笑ましい。

なんかシャヴァーサナのときヴィシュワとヨガナンダジ二人がこちょこちょ話してて、シャヴァーサナから起きると...これだから!
b0192179_23562036.jpg



はぁーやられたーっ
エナジーハット!!
2人とも可愛すぎるぅぅ!!

めっちゃ笑ってめっちゃ幸せな気分になったー

今日も一日楽しかった~♡
[PR]

by yellowtara | 2012-12-08 12:07 | ヨガのこと | Comments(2)