魂合気教室に行ってきました

大野朝行先生のご指導のもと、魂合気を体験してきました。
優しい笑顔でシャンティバイブスを惜しげなく放つ素敵な初老の紳士で
一目見た瞬間から、あ~今日のレッスンはきっと良いものになるなって思いました。

魂合気とは、心のあり方と気の流れに重点を置いた合気で、
いわゆる型に重点を置いた合気とは違います。

まずは日本古来の正しい姿勢と歩き方を学びます。
尾骶骨、下腹をグイッと引き上げた姿勢は背骨を真っ直ぐにし、踵まで通じます。
その姿勢をとると重心が踵に乗ってきて、しっかり安定しました。
歩く時はその姿勢で踵からゆっくりと足のひらをおろします。
すると、いつもより安定感を感じました。
私的に驚いたのは、背骨は腰椎のところでカーブを描いているのが
自然な背骨だと思っていたのですが(実際解剖学の本を見るとそのように湾曲しています)
それは西洋文化の見解で、日本古来の姿勢は腰椎が真っ直ぐ、なおかつ
胸を引き上げる、つまり体の前面は引き上げて後ろ面は下方向です。
そして踵に到達します。
なるほど!気が前から後ろへ、そして踵へと回ってます。
気が回ると、身体がポカポカしてきました。
血 と気と書いて血気。気の流れはすなわち血液の流れと同じです。



魂合気は心(気)でコントロール
力は零グラム
触れた瞬間に崩れる
触れる前に崩れる
(魂合気HPより)

本当にその通り。
先生が楽〜に脱力した状態で立っていて私たちが先生を倒しにかかっても
逆に倒されるんです。先生は全く力を入れておらず、
ただするっと手を横に振るだけ。それだけで吹き飛ばされるんです。
さらには「今度こそ先生に倒されずに私が先生を倒すぞ!」って
気合を入れて立ち向かって行っても、触れる前から戦意喪失。
自分も柔らかくなって、気持ちがよくなってしまって。

私もやってみると、相手に対して少しでも構えるとうまくいかない。
優しいで柔らかい気持ちで向かうと相手をするっと倒せる。
合気とは気を合わせることです。こちらが柔らかく優しい気をはなつと
相手の気もそれに合わさって同じになります。
平常心が絶対条件。
なるほどね〜、人間関係にも同じことが言えそうです。

とても参考になりました。
今日から早速実践してみよう!
[PR]

by yellowtara | 2014-03-01 22:15 | Taraの日々 | Comments(0)